実は内助の功のCRC

治験コーディネーター、つまりCRCは治験に関わる人の間にたち、それぞれの役割をパイプでつないでスムーズに事が運ぶようにする役割を担っています。 パイプ役は高いコミュニケーション能力で、それぞれの立場の方たちをつなげます。 その雑多な業務は、治験そのものにおいては必要ではありませんが、治験を行う上では大変重要な立場です。

CRCの具体的な業務は、被験者に対して製薬会社から学んだ治験薬について説明し、不安や疑問を解消できるよう丁寧に説明します。 製薬会社に対しては治験のスケジュールを立てたり、資材などを管理したりします。治験が終わると、結果などを報告書にまとめます。 医師に対しては、治験を行うためのサポートをします。

つまりCRCは、医学的な判断をスムーズに行うためのスケジュールを組み立てているのです。 新薬は必ず治験を行い、安全性や有効性の確証を得られるまでは世の中に出ることはできません。 正確な結果やデータを出し、迅速に報告書にまとめたりするCRCがいなければ、新薬の開発のスピードは鈍化してしまうでしょう。

さて治験とは具体的にどのような事でしょうか。 治験は、新薬として出す薬を人の体を使って安全性や有効性を最終確認することです。 そして治験の結果によって、ようやく世に出ることができるのです。 新しい薬に有効成分が入り、その病気に対して効果的であっても人体に悪い影響を与えるものかもしれません ですから動物実験だけでは、安全性が確立できないのです。

こうして薬の開発・検証の速度が上がれば、手術でしか治療できなかった病気が薬で可能になるなど、患者としてはとてもありがたいことです。医学の進歩の手助けになるでしょう。 CRCを目指すならば、看護師や薬剤師といった職種から目指すこともできます。 またCRCの認定資格を得ることができれば尚良いでしょう。   CRCの給与は経験や能力に応じます。 転職の際には、医療業界に強いサイトを利用すると、専門のコンサルタントに希望に沿った転職先を紹介してくれます。

メニュー

ページの先頭へ