CRCの仕事の魅力とCRCの働き方

看護師や薬剤師の転職先としての選択肢にCRC(治験コーディネーター)があります。 ここではCRCの仕事の魅力とCRCの働き方を説明します。 ひとことで言うと新薬の開発の一端を担うことができて、新薬の誕生を待っている患者様に貢献できることになります。

CRCは病院の中で患者様と直接に話しをして治験の内容を説明します。 不安や心配毎などの精神的な負担を緩和するためのアドバイザーとして被験者の人達のケアやサポートをしていきます。医療従事者としてのやりがいを存分に感じることができるでしょう。

治験が無事に完了した際は、医師や関係しているスタッフや担当モニターと一緒になって達成感を共有できます。自らがコーディネートした治験によって薬が販売されるようになったときは感慨深い満足度につつまれると思います。

何と言っても治験に参加いただいた患者様から「薬が効いたよ」とか「治験に参加してよかった」と感謝される言葉をいただいたらやっていてよかったと感じるでしょう。

同時に、医師や医療従事者や製薬会社モニターなどの大勢の人達と接することでいろいろな病気や新薬の知識が得られます。幅広い視野で物事を捉えることができて人間的にも成長するでしょう。

新薬開発の一端を担い、新薬の登場を待ち続ける数多くの患者様に貢献できること――これこそがCRCという職業の魅力ではないかと思います。

次に、CRCとしての働き方について説明します。 CRCとして仕事をする場合には(1)SMOに所属するCRCとして医療機関へ派遣される形(2)病院などの医療機関に看護師や臨床検査技師や薬剤師として所属してCRCの業務を行う「院内治験コーディネーター」の2つのパターンがあります。

更なるCRCのレベルアップと専門性を高めるため、日本SMO協会が行っている「JASMO公認CRC試験」や、日本SMO協会公認CRC制度・日本臨床薬理学会認定CRC制度・SMONA認定CRC制度などCRCの認定や公認試験が行われています。

メニュー

ページの先頭へ