パートでの治験コーディネーターの需要

女性の治験コーディネーターにとって、結婚、妊娠、出産は仕事を続ける上でひとつの転機になります。 しかし妊娠中や、子供が小さいうちはとてもフルタイムで働くにはなかなか辛いものがあります。 そこでパートや派遣などを考えるわけですが、求人はあるのでしょうか。

求人情報を見てみると、正社員より非常勤の方が需要は多いようです。ですが、求人内容を見ると、看護師や薬剤師、臨床検査技師の資格を必要としているものがほとんどで、資格がない場合は要経験という表示があり、即戦力となる方を募集しているようです。

子供が大きくなるまで、勤務時間を抑えて治験コーディネーターで勤務するには、前職、もしくは休職前の経験を積んでおく必要がありそうです。 また治験コーディネーターには認定資格がありますが、資格保有者限定の募集もありますので、家族計画はある程度経験を積んでから考えなければいけないなど、縛りがあると感じます。

実務経験重視の傾向は、治験コーディネーターの仕事内容が治験を行う過程で製薬会社、被験者そして医師とあらゆるつながりをまとめ上げるというものだからではないでしょうか。 確かにパートなどの短い時間で、即パイプ役の経験を積み上げるのは難しいかもしれません。 雇い主からすればパートなどの短い勤務時間だからこそ、仕事内容を覚え込む時間を省きたいのでしょう。

さて、パートやアルバイトの治験コーディネーターの給与についてです。 これは治験コーディネーターとしての実務経験が給与金額を左右します。さらに言えば、認定資格を取得している方には、その分手当が上乗せされる可能性があります。 日給で考えると、経験の差によって2倍ほどの差が出てしまう場合があります。

もちろん、職場や地域によって基本額は変わってくるでしょう。 自分に合った最高の条件で探すには、やはりコンサルタントに相談するのが一番のように思えます。 昨今ではインターネットなどを使って簡単に求人情報を得ることができます。 その中で、医療に特化した転職サイトがありますので、そこに登録することから復職や転職活動は始まると言えるでしょう。

メニュー

ページの先頭へ