治験コーディネーターの仕事の流れ

治験コーディネーターは、どんなスケジュールの元仕事をしているのでしょうか。 医師や製薬会社の間を立ち回っているので、互いの調整に走り回っているイメージがあります。

治験コーディネーターの仕事の内容は、まず治験の準備から始めます。 製薬会社による勉強会にて治験薬と治験内容について学びます。 続いて、治験の検査項目や治験の概要などで資料を作成し、スケジュールを立てます。その資料を基に、スタートアップミーティングを開き、治験に関わる全ての人に対して治験実施の説明を行い、同時に治験キットの管理もします。

次に被験者を探し、被験者に対して、治験の説明を行います。この時、被験者からの疑問や不安を解決または取り除く役目も担います。 治験時には、医師や治験をスムーズに行うためにサポート役をこなします。 具体的には、薬剤師や医師、看護師などの現場スタッフの連携がうまくいくように、雑多な業務をこなしパイプ役となります。治験から得られたデータは報告書にまとめ上げます。

このように、治験コーディネーターは、医療行為もしくは医療的判断こそ行いませんが、それをスムーズな流れで作業できるように立ち回ることが主になります。

では一日の流れで見た場合はどうでしょう。 出社してすぐに、メールや一日の予定を確認します。 もしくは、担当の医療機関施設に直接出向くこともあります。 予定の把握が出来ましたら、事前準備として被験者のカルテに目を通します。被験者がスムーズに治験が行えるよう診察や検査に同行してサポートします。 この時、言葉にこそ出さないかもしれませんが、不安や疑問を抱えているかもしれません。何気ないちょっとした会話から、その片鱗が見える場合もありますから、治験コーディネーターは注意深く被験者の様子を観察します。

そして、被験者の検査の結果を確認できましたら、医師やコメディカルの方にその旨を報告し、打ち合わせに入ります。 だいたいここまでが午前中の仕事内容です。

午後になると、再度医師や治験を依頼した臨床開発モニターと打ち合わせが始まります。 それがひと段落すると、翌日のスケジュールの確認や、メールの対応を行い、収集したデータから報告書を作成します。 退社はだいたい六時頃になります。

治験コーディネーターは治験がスケジュール通りに進めるよう雑多な業務をこなしながら、被験者の心のサポートに回るなど、非常に幅広い分野をこなさなければなりません。 治験コーディネーターに必要な能力は、コミュニケーション能力はもちろんですが、要領よく仕事をこなすセンスも実は必要なのです。

メニュー

ページの先頭へ